パチスロ機が初の2ヶ月連続の増台

投稿日:

 8月末現在の全日遊連加盟ホールの総設置台数がパチンコ機、パチスロ機ともに前月比で増台していたことがわかった。両方あわせて前月から増台を記録するのは07年1月の調査開始から今年4月に続いて今回が2度目。

 8月末現在のパチンコ機設置台数は前月比864台増の294万1499台、パチスロ機設置台数は同971台増の125万4803台。パチスロ機は調査開始から初めて2ヶ月連続の増台となった。

 パチンコ機の設置台数は前月7月まで3ヶ月連続で減台していた。2ヶ月連続の減台は過去3回(07年2〜3月、07年5〜6月、07年9〜10月)あったが、3ヶ月連続の減台は初めてだった。それだけに連続減台記録の更新が危ぶまれていたが、辛うじて免れた格好だ。

 パチスロ機は今年3月まで38ヶ月連続で減台。4月に初めて増台を記録した。翌5月から2ヶ月連続で減台に転じたものの、7月には再び増台。8月は7月の657台を314台上回る増台となった。今年4月の増台幅は983台だった。

 一方、8月末現在の全日遊連加盟店の営業店舗数は前月比14店舗少ない1万1557店舗。設置台数に底打ち感が見えてきたのとは対照的に、店舗数は減少に歯止めがかからない状況が続いている。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると