代金引換郵便詐欺事件の被疑者1人を逮捕

投稿日:

 イベント用ポスターと偽り、「海物語」と「エヴァンゲリオン」の2種類のポスターを代金引換郵便で全国のパチンコパーラーへ一方的に送り、パーラーからお金をだまし取ろうとした詐欺事件について、被疑者の1人が8月下旬に逮捕されていたことがわかった。9月15日に都内で開かれた全日遊連定例会見で報告された。

 この詐欺事件は8月13日、差出人にサンヨーサービスと記された郵便物約1万セットが岐阜市内の郵便局から全国ホールに発送されていたもの。郵便物は代引による受取となっており、代引料金は1セット9700円。受取を承認して代金を支払っていた店舗もあった。

 しかし事件性を察知した島根県警は岐阜の郵便局に対して振り込まれた代金を犯人が引き出せない口座凍結を要請すると同時に、全国の郵便局に対しても犯人の口座に代金を振り込ませない口座凍結を要請。騙しとったカネが犯人に一切流れないように遮断した。約1万セットにかかった送料は約600万円と見られ、犯人は600万円を使って1円も手にしなかった模様だ。

 同日の会見で全日遊連の西事務局長は、逮捕された被疑者1人のほかに数名の共犯者がいたことを補足。警察当局が引き続き行方を追っていることを説明した。

 なお、被害ホールには今後、支払った金額が返金される。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると