全国25カ所で『FEVER X JAPAN』試打会開催

投稿日:

東京会場となった東上野の東京ショールーム。

 SANKYOは8月1日、9月上旬にパーラー導入される『FEVER X JAPAN』の一般試打会を全国25カ所において開催した。

 東京会場となった東上野の東京ショールームでは、早朝5時30分から入場を待つファンが現れるなど多くの参加者が集まり、13時の開催予定を30分早めて試打会を開始させた。

 会場には12台の実機が用意され、参加者は1人約5〜10分の間で実機を体験。YOSHIKIファンという女性は「映像がとても透明感があり、きれいだった。(未発表曲の)Jadeが楽しみ」とコメント。パチンコファンというカップルは「巨大なXが急に出てきてテンションが上がった」「マクロスよりレバー操作が多く、面白かった。お店では紅ボーナスで十字を切りたい」とパーラー導入を待ち望んでいた。

 会場にはX JAPANメンバーのパネルなどが展示され、写真におさめるファンの姿も見られた。また参加者にはフリーペーパー等の他、同機のカタログ、専用ティッシュBOX、ポスター、オルゴールなどのプレゼントが用意された。

 当日は全国25カ所で約5500人が参加した。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると