オーイズミ、第1四半期は黒字に転換

投稿日:

 オーイズミは8月10日、2011年3月期第1四半期(2010年4月1日〜6月30日)決算短信(連結)を発表した。

 当期はパチスロ機『ひぐらしのなく頃に・祭』(販売活動は第2四半期初頭に及ぶ)を発売。また、主力事業である周辺設備機器では、樹脂研磨式メダル補給・回収システム『クリスタルM』を発売した。これらを合わせた機器事業の売上高は25億7500万円(前年同期比60.3%増)、セグメント利益は3億6800万円(前年同期は営業損失2400万円)となった。

 この結果、売上高は26億9600万円(前年同期比55.3%増)、本業の儲けを示す営業利益は3億4800万円(前年同期は営業損失6200万円)、経常利益3億4700万円(前年同期は経常損失6100万円)、四半期純利益は1億5200万円(前年同期は四半期純損失1500万円)で推移している。

 なお通期業績予想に変更はない。11年3月期の通期業績予想は次の通り。
売上高75億円(前年比7.9%増)
営業利益3億900万円(前期は営業損失6200万円)
経常利益2億5900万円(前期は経常損失5800万円)
当期純利益1億6000万円(同2.3%増)

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると