新枠「クロス」を纏い、『ぱちんこ北斗』再び…

投稿日:

『ぱちんこCR北斗の拳剛掌』

 サミーはこのほど、同社キラーコンテンツ「北斗」シリーズの最新作となるパチンコ新機種『ぱちんこCR北斗の拳剛掌(ラオウ)』を発表。6月18日には、都内・渋谷区の「原宿クエストホール」でプレス発表会、並びに全国各拠点ショールームでの内覧会を開催した。

 パチンコ版「北斗の拳」の第3作目となる同機。前作やパチスロ版でもお馴染みの美麗な液晶演出がさらに進化、加えて今回採用された新枠「聖枠(クロス)」に搭載された可動ギミックも連動することで、液晶内で展開される「極限の死闘」が彩りを増す。なかでも新ギミック「シェイクビジョン」は、ケンシロウやラオウの攻撃シーンなどと連動、まるで攻撃の余波で液晶が揺れているかのような錯覚をみせている点は必見だ。

 ゲーム性は、08年9月発売の『ぱちんこCR北斗の拳ラオウ』を継承。要となる確変「バトルモード」中は、3or7図柄揃いの「ハイパーボーナス」(16R大当たり)で右打ち、そのほかの図柄揃いの「ボーナス」(5Ror16R大当たり)で左打ちという流れがそのまま引き継がれている。

 スペックは大当たり確率1/399.6(高確率時1/40.0)、確変突入率80%(2R確変含む)、時短は確変中2R通常大当たり終了後40or60or80回転、出玉は約2400個or約2080個or約1820個or約650個。賞球は3&13&15個。

 納品は7月19日からスタート予定。また日工組内規変更の為、7月31日納品分までの販売となる。

 一方のプレス発表会では、小口久雄専務が「前作『ぱちんこ北斗の拳』から約2年。本機の開発には、前作を超えるおもしろいモノを作りたいという想いで臨んだ。完成させた今作は映像演出、役物ギミック、サウンド、光、ゲージ、そして新たにデザインした新枠、その全てにおいて最高のパフォーマンスを発揮できるようブラッシュアップを重ねた」とアピール。

 続いて開発を代表して炭谷和広執行役員・研究開発本部長は、「本機のコンセプトは『継承と進化』。スペック面は右打ちのラオウスペック、演出面ではリーチや予告、映像、バトルボーナスなど前回の遊び方を踏襲しつつ、全てにおいてクオリティ、新しい演出も盛り込むことで進化を遂げた」と強調。

 このほか、同氏と池田裕児研究開発プロデューサー、サミー応援サポーターのグラビアアイドル・安藤沙耶香さんでトークショーも展開。安藤さんの質問に対して開発陣の2人が回答するなど、同機や北斗の魅力を語り合った。

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,(C)NSP 2007 版権許諾証SAF-308 (C)Sammy

    -新台

    © 2021 グリーンべると