セガサミー、パチスロ好調とコスト減等で大幅増益

投稿日:

 セガサミーホールディングスは5月14日、平成22年3月期の連結業績(決算短信)を発表。売上高は前年比10.4%減の3846億7900万円、営業利益は同339.0%増の367億1200万円、経常利益は同441.3%増の359億2500万円、当期純利益は202億6900万円(前期228億820万円の赤字)となった。

 主力となる遊技機事業では、パチスロは『パチスロ交響詩篇エウレカセブン』(サミー)が単独で5万6000台を販売したほか、『パチスロあしたのジョー』(サミー)や『新鬼武者』(ロデオ)などを含め、計16万2000台を販売し好調に推移。

 一方のパチンコでは『ぱちんこCR蒼天の拳』(サミー)や『ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼』(サミー)、『CR機動新撰組 萌えよ剣 疾風怒涛編』(タイヨーエレック)など前期を下回る36万台の販売となったものの、盤面販売比率の上昇や部材調達コストの低減等により利益率が改善した。

 なお、平成23年3月期の見通しは、パチンコ41万台(前期比4万9000台増)、パチスロ21万台(同4万7000台増)の販売を見込んでおり、売上高は前期比4.0%増の4000億円、営業利益は同9.0%増の400億円、経常利益は同8.6%増の390億円、当期純利益は同8.5%増の220億円を見込んでいる。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると