新規ファン獲得の救世主に氷川きよしを登用

投稿日:

フォトセッションに応じる氷川きよしさん。

 大一商会は2月17日、都内ホテルにおいて、パチンコ新機種『CR氷川きよし〜きよしの前に座りましょう〜』のプレス発表会を開催した。

 演歌界の貴公子・氷川きよしとのタイアップ機となる同機は、信頼度50%以上という「スターウイング役モノ全開」、「赤雷雲モード突入」、「一剣リーチ発生」の3大激アツ演出など、既存ファンのみならず初心者も分かりやすく楽しめる演出を搭載。

 「きよしのズンドコ節」や最新曲「ときめきのルンバ」など全12曲のほか、実機限定プレミアムムービーも収録。リズムに合わせてボタンを叩く「リズムチャレンジ」なども搭載されているのが特長。スペックはオーソドックスなミドル仕様(大当たり確率1/315、確変突入率63%)の1タイプ。

 また、新規獲得プロジェクト第1弾として発表された同機は、熱狂的な氷川ファンを中心とした新規女性層の開拓を担う「新規プレイヤー獲得の救世主」と位置付け、プレス発表会では稼働支援CM、女性誌広告大量出稿、全国大規模サンプリング展開、全国折り込みチラシ展開などのプロモーション展開を行うことも発表された。納品は4月4日からスタートする予定。

 同社の市原高明社長は「MAXスペックへの傾倒やゲーム性の複雑化によりホールでの稼働が不安定な今、新規チャレンジが必要な時期。新生・大一が新規プレイヤー獲得プロジェクトとして第1弾となる当機は、演歌界のみならず国民的歌手である氷川きよしさんの魅力をきよしさんのファンの方のみならず一般の方にも楽しめるよう、しっかりと作りこんだ内容となった」と挨拶。

 発表会に駆けつけた氷川さんは「ロゴが立体的で、スケール感のある台ですね。スターウイング役物をみて、コンサートのエンディングのセットで羽根が出る仕掛けを使ったことがあり、同じだと感動しました。生のコンサートと台のプレミアムステージの両方を楽しんでいただきたいと思います。全国のパチンコ店でいつもそばにいさせてください」とPRした。

-新台

© 2021 グリーンべると