5号機の新たな可能性示す純増3.0枚を実現

投稿日:

『エージェント・クライシス』

 ユニバーサルエンターテインメントはエレコブランドのパチスロ新機種『エージェント・クライシス』を発表した。

 8月2日に開催された記者発表会では同社・長谷川崇彦マーケット戦略室長が、

 「『エージェント・クライシス』はこれまでとはまったく違う手法でARTの純増3枚を実現した。本機は5号機が次のステージに進むきっかけとなる。今後はもっと面白い機種を作れると確信した。本日は試打でコインの増加感を体感してほしい」などと挨拶し同機にかける意気込みを披露した。

 ART特化型の同機は各リールに3色づつ配置された7図柄の組み合わせによる15枚役がコイン増加のメイン。ART中はその組み合わせがナビされるため、高頻度で15枚役を獲得することが可能。純増枚数はART中が約3.0枚、準備モードとなるAT中が約1.8枚。ART突入時、及び終了時には23ゲームのチャンスゾーンでゲーム数上乗せやART引き戻しを抽選。ARTにも23ゲームにわたる高期待度のゲーム数上乗せゾーンに突入することがある。

 ART突入率は1/291(設定1)〜1/193(設定6)。納品は10月2日開始予定。

-新台

© 2021 グリーンべると