萌え系武将達が再び!『戦国乙女2』登場

投稿日:

『CR戦国乙女2』

 平和は5月11日、東京営業所ショールームにてパチンコ新機種『CR戦国乙女2』のプレス発表会を開催。同機は戦国武将を女性化したオリジナルコンテンツによる人気機種の後継機で、新たに3武将が加わり、システム面でもパワーアップしているほか、ケータイ連動サービス「打-WIN(ダーウィン)」の搭載第1弾機種でもある。納品は6月19日からの予定。

 今年4月からテレビ東京系列でアニメが放映されている『戦国乙女』シリーズは、キャラボイスに田村ゆかりさんや釘宮理恵さんなど豪華声優陣が参加しているほか、液晶アニメーションではハイクォリティな映像制作で知られる白組が担当している。今作からは毛利モトナリ、大友ソウリン、長宗我部モトチカの3武将が加わり、織田ノブナガや豊臣ヒデヨシなど11武将が予告演出やリーチアクションで活躍する姿が美麗映像で楽しめる。

 システム面では、初当たり時の時短回数が通常・確変大当たりとも9回or19回or29回と細かく設定されており、初当たり後1〜9回転までの「乙女アタック」、同10〜19回転までの「どきどきチャンス」、同20〜29回転までの「出陣準備モード」のいずれかから「天下統一ロード」に移行すれば確変状態が確定するほか、次回大当たりまで電サポが継続する。また、電サポ中の確変大当たりは次回までの時短、通常大当たりでも70回の時短に突入するため、出玉増加には「天下統一ロード」への突入が重要な鍵となる。

 主なスペックは、大当たり確率が1/299.3(高確率時1/36.0)、確変突入率72%、初当たり後9or19or29回及び電サポ中通常大当たり後70回の時短、出玉406(実質5R)or1219個(15R)、ラウンド数2or15R(7カウント)、賞球数3&10&13となっている。

 また、「打-WIN(ダーウィン)」は、携帯電話から会員登録することで利用できるサービスで、実機カスタマイズ(マイキャラ設定など)やミッションコレクションといったやり込み要素、着メロや限定アイテムなどがダウンロードできるポイントシステム、フレンド登録や掲示板のコミュニケーションツールなどのコンテンツが楽しめる。

(C)HEIWA/天下統一くらぶ

-新台

© 2021 グリーンべると