『AKB48』公開一巡で、日替わりメドレーに

投稿日:

1曲目を飾った「重力シンパシー」より

 「ぱちんこAKB48」を舞台に繰り広げられていたオリジナル新公演「重力シンパシー」の最後を飾る12曲目の新曲「AKBフェスティバル」が11月17日に公開されたのを受け、次週11月24日よりメドレー形式に切り替わることがわかった。

 国民的アイドルグループ「AKB48」とのコラボ作となった同機。新公演の同名タイトルを含む12曲の書き下ろしナンバーが毎週土曜日にパチンコ台を通じて発表される前代未聞のサプライズメニューが盛り込まれた。次の新曲が発表されるまでの1週間にわたり、設置されたすべての「ぱちんこAKB48」を舞台に1時間刻みで全台一斉のシンクロ公開する仕組み(RTC=Real Time Clock)になっていたが、今回の全12曲の公開一巡に伴って、これまでに発表された新曲12曲(M1〜M12)を1時間ごとにM1から順次公開するメドレー形式に切り替わる。

 また初日はM1、M2、M3・・・、翌日はM2、M3、M4・・・といった具合に、一日刻みに1曲目が替わる日替わりメドレーとなっており、同じ時間帯にホール内において日によって違う曲が流れる仕掛けになっている。

(C)AKS
(C)KYORAKU

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると