バタフライ、モバ7にて『ガッチャマン』を配信

投稿日:

 モバイルを中心としたエンターテインメントコンテンツを手掛けるバタフライは10月4日、タイヨー製のパチスロ機『科学忍者隊ガッチャマン』の携帯電話向け実機シミュレーションアプリを「Mobage(モバゲー)」(運営:ディー・エヌ・エー)内のパチンコ・パチスロ総合ポータルサービス「モバ7」にて配信を開始した。同アプリはフューチャースコープが提供している。

 『科学忍者隊ガッチャマン』は2007年2月に市場投入されたタイヨー初の5号機。一部のボーナスに150G又は500GのART「ガッチャマンタイム」(GT)が付加され、当時はその高スペックが話題となった。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると