P関連機器市場は前年比微増〜矢野経済調査

投稿日:

 矢野経済研究所は9月3日、「2012年版パチンコ関連メーカーの動向とマーケットシェア」の発刊に伴い、調査結果サマリー「パチンコ関連機器市場に関する調査結果2012」を発表。同調査は今年5月から7月までの3カ月間実施され、調査対象は遊技機メーカー、周辺機器メーカー等。同社専門研究員による直接面談、電話、e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査を併用して行われた。

 同社によると、2011年度のパチンコ関連機器の市場規模はメーカー売上金額ベースで前年度比102.9%の1兆3631億円。パチンコ機市場は同93.1%の8257億円、パチスロ機市場は同130.8%の3751億円となった。市場規模全体の6割を占めるパチンコ機市場は縮小傾向に収束の気配が見られないものの、2010年度から2年度連続で大幅回復を達成したパチスロ機市場が下支えし、市場規模全体は微増ながらプラス成長となっている。なお、2012年度に入ってもパチスロ機の販売は好調であり、引き続き、市場全体を下支えすると推察している。

 また、周辺設備機器市場も前年度比107.8%の1623億円と全体的に回復基調にあるものの、市場全体の動向を反映して、メダル計数機を含む計数機市場が同117.5%、メダル補給システム市場が同149.9%、台間メダル貸機市場が同155.3%とパチスロ機に関連する機器市場が伸長する一方で、玉計数機は同81.6%、台間玉貸機は同88.3%とどちらも前年度を大きく下回り、パチンコ機に関連する機器市場は概ね厳しい状況となっている。

 同サマリーでは、周辺設備機器市場の回復基調がパチスロ機に付随する周辺設備機器市場の回復を主な要因としていることから「2012年度いっぱいはパチスロ機の好調は続くものと考えるが、パチスロ機の増台工事が一巡するであろう2013年度以降は、再び厳しい環境に陥る」と予測している。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると