攻撃型ST上乗せ演出を搭載『CRヘルシング』

投稿日:

ライブを披露した「フリンジ・トライトーン」。

 豊丸産業は9月13日、都内世田谷区のライブハウス、下北沢GARDENにてパチンコ新機種『CRヘルシング』シリーズのプレス発表会を開催した。

 同機は「ヤングキングアワーズ」(少年画報社)にて連載された平野耕太原作の同名のバイオレンスアクション漫画がモチーフ。吸血鬼と吸血鬼を狩る者たちによる大戦争をテーマにした原作の妖しい世界観を多彩な液晶演出や「牙役物」「巨眼シャッター」などの役物演出でリアルに再現している。

 スペック面では、パチスロのART機をイメージした攻撃型ST上乗せ演出「リロードシステム」が最大の特長。ST仕様の確変は、ST回数が表示される「ヘルシングRUSH」と回数表示がなく、ST終了の危険性がある「チャンスゾーン」を行き来しながら進行するが、「リロードRUSH」などのST回数上乗せ演出が発生することで、確変状態がいつ終了するか分からないドキドキ感をあたえるゲーム性を実現している。

 主なスペックは、ミドルタイプの『299F』が大当たり確率1/299.3(高確率時1/77.7)、ライトミドルタイプの『199L』が大当たり確率1/199.8(高確率時1/77.7)、甘デジタイプの『99VV』が大当たり確率1/99.9(高確率時1/77.7)。なお、3スペックともに確変突入率100%、ST中の大当たり期待度は約73%で、大当たり時はすべて16Rが確定。ミドルタイプの『299F』では16Rの大当たり出玉が約2000発となり、同スペック帯で最大級の出玉感も魅力となっている。納品は10月21日より開始予定。

 プレス発表会では永野光容社長が「本機を作るにあたって原作の世界観をいかに損なうことなく再現するかという点に細心の注意を払った。また、パチンコをやったことがない方にも楽しんで頂けるよう、スペックはミドルタイプだけではなく、ライトタイプ、甘デジタイプと幅広いラインナップを用意した」と挨拶。

 また、当日は同機に楽曲を提供する「フリンジ・トライトーン」がファン50名を前にライブステージを披露したほか、特設会場では原作漫画の原画を展示した「平野耕太展」も開催され、多くの原作ファンが詰め掛けた。

(C)平野耕太・少年画報社/WILD GEESE

-新台

© 2021 グリーンべると