日電協と回胴遊商が「パチスロ元気祭り」を開催

投稿日:

闘魂注入をする猪木氏。

 日電協と回胴遊商は8月4日、共催で「8月4日はパチスロの日『パチスロ元気祭り』」を開催。当日はライターのういち氏、嵐氏が司会を務め、両団体の関係者と一般来場者が参加したパネルディスカッションが行われたほか、スペシャルゲストのアントニオ猪木氏が登場したステージアトラクションなどパチスロを元気にする企画が催された。

 イベント開催に先だって開かれたプレス発表会では、日電協・里見治理事長が「(昨年の東日本大震災発生により)日本は大変な時期ではあるが、少しでも元気になってもらい、またパチスロも楽しんでもらえるよう回胴遊商と一緒にイベントを開催した」と挨拶。続いて回胴遊商・伊豆正則理事長は「昨年は東日本大震災が発生し、東北復興支援として日電協と回胴遊商が力を合わせた。今年はパチスロ元気祭りとして格闘界のヒーローであるアントニオ猪木さんを迎えて、世の中を元気にしてもらい、また業界も元気にしてもらいたい」と挨拶した。

 一般来場者がその場でアンケートに答える参加型イベントとして進められたパネルディスカッションでは、時折参加者から鋭い質問が飛び出すなどパチスロファンの貴重な意見が聞かれ、日電協関係者もファンからの質問に答えたほかパチスロメーカーとしての想いや考え方などを伝えた。

 ステージアトラクションでは、ゲストのアントニオ猪木氏による闘魂抽選会やお馴染みの闘魂注入などで盛り上がったほか、パネルディスカッションで司会を務めたういち氏と嵐氏が出題した問題に正解すると記念品がもらえる「ライターさんと遊ぼう!」も行われた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると