KPE、ART特化型の『戦人〜上杉謙信〜』を発表

投稿日:

『戦人〜上杉謙信〜』

 KPEは7月11日、都内にてパチスロ新機種『戦人〜上杉謙信〜』のプレス説明会及び内覧会を開催。ボーナス非搭載のART特化型タイプで、ART「戦人RUSH」(純増2.0枚/G、1セット40G+α)を搭載する。納品開始は9月2日からの予定。

 同機は主に、レア役成立時の抽選及びゲーム数管理(天井30G〜250G)される「乱れ龍モード」とミッションリプレイから移行する「妖魔ミッション」のふたつのチャンスゾーンからART「戦人RUSH」に突入。ART突入期待度は前者が約30%、後者が約50%。ただし、乱れ龍モードは期待度約60%の「超乱れ龍モード」に昇格する可能性がある。

 戦人RUSHではレア役やチャンス目成立時の抽選に当選するか、チェリーの出現率がアップする特殊モード「チェリー連」から「戦人乱舞」(10G)に突入するほか、1セット終了時には「修羅バトル」に発展し、成立役により行方が左右さるバトルに勝利すればARTに再突入する。また、ART準備モード「神の門」では戦人乱舞と「天下・戦人乱舞」をストックする「真・戦人RUSH」(20or30G)への昇格抽選が行われる。

 戦人乱舞は上乗せ特化ゾーンで、確定後に揃う赤7のライン(シングルorダブル)によって戦人乱舞か「天下・戦人乱舞」(20G、平均上乗せG数200G)に移行。どちらもレア役の出現率が大幅にアップし、G数上乗せがしやすくなるモードだ。

 また、レア役・チャンス目から突入した戦人乱舞からは「蒼月の刻」(5G)、チェリー連から突入した場合は「紅蓮の刻」と呼ばれる戦人乱舞の引き戻しゾーンに移行し、蒼月の刻では毎ゲーム抽選、紅蓮の刻ではチェリーが揃うほど引き戻す期待度が高くなる。

 主なスペックは、ART確率が1/295.8(設定1)〜1/194.8(設定6)、出玉率は97.4%〜112.1%となっている。

(C)KPE

    -新台

    © 2021 グリーンべると