今夏、新生『パチンコ博物館』再開へ

投稿日:

 平成16年に開設した後、様々な事情で一昨年末から休館していた『パチンコ博物館』が、ヤワタグループ及び、そのビジネスパートナー各社の尽力によって、今年8月5日千葉県旭市において新生『パチンコ博物館』として再開することが決まった。

 6月28日、同館内で『パチンコ博物館』のプレス向け記者会見が開催された。会場には再開に向けて尽力したヤワタグループの八幡正毅会長、同館の運営を行うNPI総研の伊藤和彦社長、牧野哲也館長ほか多くの関係者が集まり、業界共有の財産としての同館の意義を確認し、今後の発展に向ける強い意気込みを語った。

 パチスロ専門店を改装した426平方メートルの広大な同館敷地内に展示されている遊技機台数は380台(雀球、アレンジ含むパチンコ機254台、パチスロ台数126台)。昔の玉計数機、玉磨き機、プレート等の部備品、遊技機役物等も展示している。

【パチンコ博物館】
所在地:〒289-2511 千葉県旭市イ4212-11
TEL.0479-75-4766/FAX.0479-75-4786
開館時間:午前11時から午後16時まで(入場は午後15時30分まで)
開館日:毎週日曜日

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると