店舗数微減、大型化傾向が顕著に〜警察庁発表

投稿日:

 警察庁生活安全局保安課は4月13日、「平成23年中における風俗関係事犯の取締状況等について」を発表した。

 平成23年末のパチンコ店数は1万2323店舗で前年と比べ156店舗の減少。このうちパチスロ専門店は931店舗で、こちらは前年に比べ28店舗増加している。

 設置台数はパチンコが310万7688台(前年比マイナス5万5962台)、パチスロが147万4838台(同プラス8万4346台)で、合計は458万2784台(同プラス2万8354台)。パチスロの設置台数は平成21年の134万7176台を底に2年連続の増加だ。

 また、設置台数1000台以上の店舗が31店舗増加するなど店舗の大型化が顕著で、1店舗あたりの平均設置台数は前年より6.9台増の371.9台。設置台数500台以下の店舗が前年より329店舗減少しているのに対し、設置台数501台以上の店舗が173店舗増加した。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると