シリーズ最高の自負!「牙狼」最新作がリリース

投稿日:

新機種をアピールする小西さん(左)と西山さん(中央)。

 サンセイアールアンドディは2月23日、都内で同社のキラーコンテンツである「牙狼」シリーズ4作目となるパチンコ新機種『CR牙狼魔戒閃騎鋼XX(ガロマカイセンキハガネ)』のプレス発表会を開催。納品は4月上旬よりスタートする。

 発表会では同社・取締役営業本部長の遠藤晃氏が、「シリーズ最高の出来映えと自負しており、自信を持ってホールとファンの皆さまに提供できる」などと挨拶。その後、同社開発本部エグゼクティブプロデューサーの山下耕司氏が実機説明を行った。また、当日はスペシャルゲストとしてテレビドラマ「牙狼」の主人公・冴島鋼牙役の小西遼生さんとファッションモデルの西山茉希さんが登場し、同機をアピールした。

 同機は初代『CR牙狼XX』のゲーム性を受け継いだ、大当たり確率1/399.6のマックスタイプ。初回大当たり中のファーストバトル演出でガロがボスの攻撃に耐え抜けば「魔戒チャンス」を獲得でき、専用アタッカー内のVゾーンに入賞することで100回or145回の回数切りの高確率ゾーン「真魔戒RUSH」に突入する仕組み。魔戒チャンスの獲得率は51%で、真魔戒RUSH中は77%の高継続率で大当たりがループし、すべての大当たりは出玉約2000個の16Rとなる。なおファーストバトルに負けても出玉約1600個の13R大当たりと時短100回が獲得できる。

 その他、現在テレビ東京系列で放送されているTVシリーズ「牙狼〜MAKAISENKI〜」のストーリーとリンクした演出や同機でしか見ることのできない完全撮り下ろしムービー、多彩なギミックなども見どころだ。

-新台

© 2021 グリーンべると