『ぱちんこ仮面ライダー』が3年ぶりに復活

投稿日:

 京楽産業.は6月21日、東京都港区の「グランドハイアット東京」でパチンコ新機種『CRぱちんこ仮面ライダー〜ショッカー全滅大作戦〜』のプレス発表会を開催。当日は同社の新ビジョンの説明会も行なわれた。

 『CRぱちんこ仮面ライダー』は、原作・石ノ森章太郎氏の人気特撮ヒーロー「仮面ライダー」をモチーフとしたライダーシリーズ第3弾。演出面では歴代のライダー達を登場させたほか、ゲーム性では京楽お馴染みの「バトルモード」(ライダーバトルモード)を搭載しているのが特長。バトルモード中の確変継続率は85%(内訳15R:7R:2R=15%:59%:11%)と同社機種のなかで最も高く、平均継続回数6回、平均出玉約3600個と、大当たり確率1/221.5ながら出玉感も期待できる。なお、時短は全大当たり後10or20or30回転、出玉は15Rで約1160個、7Rで約530個。納品は7月22日からスタートする予定。

 またプレス発表後に行なわれた「KYORAKUビジョン説明会」で榎本善紀社長は「年内は、新ミドルスペックを中心とした機種を市場に投入していく」との方針を発表した。

    -新台

    © 2021 グリーンべると