KPE最新作のキーワードは“軽・速・激”

投稿日:

『激闘!西遊記KT』

 KPE・高砂販売は10月15日、KPEのパチスロ新機種『激闘!西遊記』のプレス向け商品説明会を開催した。納品開始は12月15日からの予定。

 同機は1/149.9(設定1)という軽い初当たり確率やAT純増枚数3.0枚、最大上乗せ1000枚といった「軽・速・激」がキーワード。説明会では、小武方任取締役営業部長から「初当たりが軽く、純増枚数は高く、しかも一撃性を秘めた仕様」とコンセプトが説明された。

 ゲームフローでは、通常時はレア役による「激闘!ZONE」突入の抽選のみ。この激闘!ZONEでバトルに勝利(期待度70%以上)すると「天竺RUSH」に移行し、5G間でボーナス当選を狙う(BR比率1:1)。ボーナス後は再び天竺RUSHとなり、このループで出玉を増やすことが基本仕様となる(ループ率72%以上)。

 また、ボーナスはBB(青7と赤7)とRBを搭載。BB中はレア役で直撃上乗せ(最大1000枚)と「セブンZONE」(7揃い頻発のチャンス)をW抽選。RB中は同じくレア役でBB昇格が抽選される。

 メーカー発表の主なスペックは、ボーナス初当たり確率1/149.9〜1/126.3、出玉率97%〜115%。ボーナスの純増枚数は青7BBが平均300枚、赤7BBが同200枚、RBが同50枚となっている。

(C)KPE

-新台

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5