マルハン、「浅草六区再生プロジェクト」に参画

投稿日:

発表会出席者によるフォトセッション。

 マルハン、松竹、アミューズ、セグラスグループホールディングスの4社による合弁会社として設立されたTOKYO六区CITY(本社/東京都台東区・韓俊社長)は6月27日、都内台東区の浅草ビューホテルにて、TOKYO六区CITY「浅草六区再生プロジェクト」記者発表会を開催した。

 TOKYO六区CITY「浅草六区再生プロジェクト」とは、台東区の「浅草六区地区」地区計画に基づき、浅草の街をライブエンターテインメントで活性化させ、多くの人で賑わう街と空間を創ることを目的とした官民一体の再開発プロジェクト。エンターテインメントコンテンツの観光資源化によって、大衆娯楽の聖地として繁栄を極めた浅草六区の地域再生を目指す。

 同プロジェクトの第1弾として、かつての浅草のシンボルタワー「凌雲閣」をあしらった複合型エンターテインメント施設「マルハン松竹六区タワー」を2014年12月に開業する予定。地下1階、地上8階(敷地面積約476坪、延床面積約2989坪)の施設内には、1〜3階に遊技場、4〜8階に2つの劇場、地下1階などに飲食店の入居が計画されており、初年度の年間来場者数は200万人を見込んでいる。

 発表会にはTOKYO六区CITYの韓俊社長、マルハンの韓裕社長、松竹の迫本淳一社長、アミューズの大里洋吉会長、セグラスグループホールディングスの海老原孝礼代表取締役、台東区都市づくり部長の奥原崇氏、浅草地区観光まちづくり推進協議会会長の熊澤永行氏が出席。会社設立の背景、新施設の概要を説明した韓俊社長は「エンターテインメントと観光を掛け合わせて、多面的な街の魅力作りに貢献したい」と述べた。

 なお、同社では施設単体の運営ではなく、出資企業が各社の強みを持ち寄り、エンターテインメントを中心に、旅行・飲食・ホテル・ショッピング等、“街”一帯を捉えた複合型エンターテインメント事業を展開するとしており、同プロジェクトを通じて、今後の観光、エンターテインメントビジネスの新しいビジネスモデルを確立し、将来的には日本の他の地域や海外なども視野に入れて事業を展開していく。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると