セガサミー、韓国合弁企業がカジノ施設を取得

投稿日:

 セガサミーホールディングスは7月1日、同社と韓国においてカジノの運営、ホテル、スパ等の経営を行うParadise Co., Ltd.によって設立された合弁会社PARADISE SEGASAMMY Co., Ltd.が、仁川国際空港隣接の国際業務地域(IBC-1)でParadise Groupが運営しているカジノ施設「Paradise Casino Incheon」を同日付けで取得したことを発表した。

 PARADISE SEGASAMMYはIBC-1において、カジノを含む複合型リゾート施設の開発、運営を計画。今回の「Paradise Casino Incheon」の取得は、2016年に予定されている本施設の開業に先立つもので、「Paradise Casino Incheon」のライセンスを活用した上で施設規模を拡張し、韓国において初となるカジノ併設の大規模複合リゾート施設を開発するとしている。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると