20周年の節目を飾る「極上」が満を持して登場

投稿日:

『CR花満開 極上』

 西陣は3月26日、パチンコ新機種『CR花満開 極上』のプレス発表会並びに試打会を東京・上野にある同社ショールームで開催した。

 今作は1993年の初代登場から20周年の節目を飾る集大成。新枠「威吹(IBUKI)」をまとったシリーズ9作目となる。初代DNAを受け継ぐ「3」「7」大当たりに、専用アタッカー消化による2000個の出玉を用意するなど特別感を引き出したほか、ファン待望の「初代モード」を確変中に搭載。伝説の20年前のあの興奮を再現する選択機能も盛り込まれた。

 また巨大花びらが画面全体を覆う激アツ役物演出「花満フラッシュ」は期待度66%を誇り、あらゆる場面で発生する可能性を秘めている。

 さらに多くのファンから高い支持を得てきた歴代シリーズのオリジナル大当たり楽曲が今作には集結。完成度の高い新曲2曲を加えた全12曲が収録された。

 新枠「威吹(IBUKI)」に搭載された4スピーカーは業界最高峰の音質を実現。業界初となるフリック操作対応のPUSHボタンはこれまでになかった新たな演出として注目される。

 大当たり確率は約1/319、確変割合は67%。これまでのシリーズ同様、サポ無し確変や小当たりは非搭載で、わかりやすさが踏襲されている。大当たり16R(2000個)と10R(1000個)の2通りとなっている。

 花満開シリーズは今作で3年連続のリリースとなったが、プレス発表会の冒頭、主催者を代表して挨拶した西陣営業統括本部の小森孝夫副本部長は「今作以降はしばらくお休みということになる。そういう意味でも今作はまさに20周年の集大成だ」と報告。ただ「極上シリーズ」としてお家芸の“和風パチンコ”を発表していく方針を明らかにし、今作が同シリーズの第1弾となることを説明した。

 なお新機種の納品スケジュールは今後改めて発表される予定だ。

(C)NISHIJIN

-新台

© 2021 グリーンべると