ニュースバックナンバーへ

高射幸性パチスロ機の設置比率15%以下の期日延期2018年11月14日(水)

 全日遊連は11月14日、全国理事会後に記者会見を行い、来年1月31日までに高射幸性回胴式遊技機の設置比率を15%以下とする自主規制を延期すると発表した。

 延期の経緯については、6号機の型式試験の適合状況が思わしくないことから市場供給の見通しが立たず、価格の高騰が相次ぐ中古機の購入を組合員に強いることになれば、期日を1月31日までと定めていた場合、経営的に苦しいホール企業が「組合脱退」や「廃業」に追い込まれる可能性があることから協議し、決議に至ったとしている。

 なお、延期の明確な期間は現段階では設けておらず、6号機の市場への供給状況をみて検討するとした。


関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年12月14日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」