ニュースバックナンバーへ

サミー、P新規則機第1弾は「ヤマト2199」で発進!2018年9月18日(火)

『ぱちんこ宇宙戦艦ヤマト219ver.』

 サミーは9月11日、パチンコ新機種『ぱちんこ宇宙戦艦ヤマト2199』の内覧会を開催した。

 同機は、1974年に放送された『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク版とのタイアップ機で、同社からの新規則機第1弾。アニメでも最強の威力を誇った「波動砲」を最強リーチに落とし込むなど、原作を踏襲した作り込みをしている。

 スペックは「219ver.」と「199ver.」の2種類でどちらもSTタイプを採用。219ver.は大当たり確率約1/219.9(高確率時約1/75.0)で、確変割合はヘソ、電チューともに75%(ST150回)。電サポ回数は75回転と150回転の2種類で、ラウンド数は4R(払出値約600個)と10R(同約1,500個)となっている。賞球数は1&2&4&15。

 199ver.は大当たり確率約1/199.2(高確率時約1/75.0)で、確変割合、電サポ回数は219ver.と同一となる。ラウンド数は4R(払出値約480個)と10R(同約1,200個)で、賞球数は1&2&4&12となっている。

 電サポ「戦火のヤマト」は、「ファーストアタック」(1~75回転)と「セカンドアタック」(76~150回転)の2種類に分かれており、電サポ中の75回転目に「コスモリバース」演出が発生。成功すれば、確変濃厚の「セカンドアタック」(76~150回転)に移行する。また、「ファーストアタック」中は「コスモリバース」発動の期待度を高める演出も用意されているため、大当たり、継続の両方で演出を堪能できる仕様になっている。

 同機の納品は両スペックともに11月4日(一部地域を除く)を予定している。

(C)2012宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会
(C)Sammy

  • image
  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年10月16日(火)のイベント

  • 三洋物産 パチンコ新機種『CRクジラッキー』内覧会/東京支店

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2018年10月号
  • 巻頭特集
    設定付、 遂に始動!
  • 導入直前企画・6号機徹底解剖
    業界注目の6号機ATがついに市場投入 5.9号機との違いやゲーム性を徹底解説
  • パーラー経営支援特集
    ポジティブ視点で「コスト削減」を考える