ニュースバックナンバーへ

西日本豪雨被災地に義援金~中国遊商2018年8月20日(月)

広島県庁で田中剛健康福祉局長(右)に目録を手渡す松原陽輔理事長(左)。

 全商協所属の中国遊技機商業協同組合(松原陽輔理事長)は、今年7月に広島、岡山県を中心に甚大な被害をもたらした西日本豪雨の被災地支援として、広島、岡山両県に計250万円の義援金を寄贈した。

 松原理事長は8月1日に広島県庁を訪れ田中剛健康福祉局長、8月7日には岡山県の山陽新聞社会事業団を訪れ、同事業団の阪本文雄専務理事に直接、義援金目録を手渡した。

 目録贈呈に際し、松原理事長は「被災者の皆様が安心して暮らせる日々が1日でも早く取り戻せるよう、役立てていただきたい」と挨拶。対し、田中健康福祉局長は「被災に遭われた皆様に対し、有効に活用させていただきたい」と謝辞を述べた。

 同組合では今後、復旧作業の途上である土砂などの撤去作業にボランティア活動として取り組んでいくとしている。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年10月20日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年11月号
    • 巻頭特集
      6号機時代、開幕!
    • 特集
      働き方改革関連法が改正
    • Report
      設定付きパチンコの出玉推移、多くのホールが甘め運用