ニュースバックナンバーへ

競泳競技大会ボランティアにアサヒディードが参加2018年8月10日(金)

大会終了後に参加したボランティア100名での集合写真。

 アサヒディードは大阪府の桃山学院大学で、8月5日に行われた『2018年スペシャルオリンピック日本・近畿ブロック競泳競技大会』にボランティアとして参加した。

 同大会はスポーツプログラムに参加しているアスリートが日ごろのトレーニングのせいかを競い合って、更なる目標を得る機会として開催されており、総勢120名のアスリートと100名のボランティアやコーチ、競技役員や応援団など総勢590名が参加。

 大会当日は同社から4名が、アスリートの表彰や誘導の補助のボランティアを行った。午前中は予選とメドレーリレーの決勝や表彰を行い、午後は個人種目の決勝と表彰という過密なスケジュールとなっていたが、移動のお願いなどもスムーズに行うことができた。表彰までの空き時間にはプライベートな話もでき、交流を深めた。

 終了後、同社スタッフからは、「毎年活動に参加させて頂いているので、アスリートの方から暑さを心配してくれたり、気を遣って頂く事も増えました。暑い中、アスリートの熱中症も心配されましたが、選手はみな最後まで元気に競技や表彰に参加してくれました。今後も、継続的なサポート・支援活動を進めて参ります」との感想が聞かれた。

  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年12月15日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」