ニュースバックナンバーへ

マース奨学財団が46名を平成30年度奨学生に認定2018年7月17日(火)

 一般財団法人マース奨学財団(東京都新宿区、松波廣和代表理事)は7月8日、平成30年度奨学生認定証授与式・懇親会を開催した。

 同財団は品行方正、成績優秀でありながら経済的な理由により修学が困難な学生に対する奨学金給付事業を行うことを目的として、株式会社マースエンジニアリング創業者の松波廣和氏が平成29年12月13日に設立した。

 グローバル社会で活躍できる人材の育成奨励に寄与することを目的として、平成30年4月1日から奨学生を募集し、選考委員会による選考を経て、この度10大学46名(男性23名、女性23名)の平成30年度奨学生を採用した。採用大学は青山学院大学、慶應義塾大学、國學院大學、上智大学、中央大学、東海大学、東京工業大学、法政大学、明治大学、早稲田大学(50音順)。奨学生には月額50,000円、年間60万円の奨学金が給付される。

 奨学生認定証授与式では、松波代表理事が奨学生一人ひとりに認定証を手渡し今後の活躍を激励。奨学生代表の女子大学生は「厳しい家計状況にあっても諦めずに将来の夢に向かって学び続けたい」と力強く宣言した。第2部の懇親会では奨学生同士、大学・学年の垣根を越えて専攻や将来の夢を語り合った。

 同財団では今後も、学び続けたい学生を支援し、将来グローバル社会で活躍できる人材の育成奨励に努めていくとしている。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年11月20日(火)のイベント

  • 三洋物産パチスロ新機種『聖闘士星矢 海皇覚醒 Special』内覧会/東京支店

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2018年12月号
  • 巻頭特集
    厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
  • 特集
    ホールの動画活用
  • Special Report
    アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」