ニュースバックナンバーへ

《アミューズ吹田岸辺店》に人命救助で表彰状2018年6月28日(木)

人命救助で表彰を受ける大平隼人主任(右)と吉田雅史さん(左)。

 大阪を中心に《アミューズ》等の屋号でホール展開する株式会社アミューズ(岩谷東明代表取締役)は6月13日、同社が経営する《アミューズ岸辺吹田店》で発生した急病人の救護活動に対する功労に対し、東吹田消防署で感謝状を受賞した。

 同店は3月5日、来店していた客が急に意識をなくして倒れたことから急いで119番通報。救急センターとのやり取りの最中、倒れた客の脈拍や呼吸が停止した状態になったため、救急隊員が店舗に到着するまで心臓マッサージによる救命救急処置を行った。客はその後、後遺症もなく日常生活に支障がない状態まで回復した。

 こうした迅速かつ的確な救命救急処置の功労が認められ、救命にあたった大平隼人主任、吉田雅史さんの2名に感謝状が贈られた。

 東吹田消防所長は「店で人が倒れたりした時、救命救急処置の速さが後遺症などを無くし、その人の今後の人生を左右する事になります。店で起こった場合、救命救急士が到着するまでどうしても3~5分かかってしまい、今回の様に店の方が救命救急処置を行って後遺症なく退院できたという事はあまり事例がない。今回の処置はとても素晴らしい事だと思っております。人の体を触るのには勇気が必要だったと思います。その中で胸部圧迫(心臓マッサージ)をして頂いた事が後遺症も残らず退院できたという事に繋がりました。是非この経験をみんなに広めていただきたい」と述べた。

  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年12月11日(火)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」