ニュースバックナンバーへ

RSN、開設以来の最多相談件数を記録2017年12月27日(水)

 パチンコ依存問題に関する電話相談等の活動を行う認定特定非営利活動法人、リカバリーサポート・ネットワーク(RSN、西村直之代表)のレポートによると、2017年11月の電話相談件数は519件(沖縄RSN293件、全商協RSN支援室41件、夜間対応185件)で前月比では142件の増加、前年同月比では325件の増加となっており、開設以来の最多相談件数となった。

 RSNでは11月1日より、これまで16時までだった電話相談の受付時間を延長。新たに16時から22時までの対応を「夜間対応」と区分している。その結果、相談時間の延長が開始されたばかりにも関わらず、相談件数は185件で全体の35.6%を占めており、RSNは今後、周知が徹底されていくにつれて増加していく可能性があるとしている

 なお、沖縄RSNが受けた16時までに受けた相談件数の内訳は、初回相談225件、複数回47件、間違い・無言・問い合わせ21件。初回相談の内訳は本人からの相談が183件、家族・友人からの相談が42件だった。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2018年1月17日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年1月号
    • 巻頭グラビア&インタビュー
      未来に向けて発信されるエンタテインメント空間
    • 巻頭特集
      問われるパチンコホールの真の価値
    • 特集
      地域と歩む 〜地域に寄り添い、愛される企業へ〜