ニュースバックナンバーへ

ニラクが冬の風物詩を応援、郡山をもっと明るく2017年11月9日(木)

「楽しくなるとき」をアクリル用紙に描き、オリジナルランプシェードを制作した。

 ニラク(本社、福島県郡山市)は10月31日、地元・郡山で開催されるイルミネーションイベント「ビッグツリーページェント・フェスタ」を盛り上げるため、同イベントで使用するライトの一部を制作する「みんなで郡山に灯をともそう。“楽しくなる木”イルミネーション」と題したワークショップを開催した。

 同ワークショップはみんなの「楽しくなるとき」をLEDランプで灯し、郡山を明るくしようという企画。当日はニラク従業員のほかに地域の子ども達、障がい者施設の利用者、専門学生、福島ファイヤーボンズの選手など約120名が参加し、アクリル用紙に思い思いの「楽しくなるとき」を描き、世界にひとつだけのランプシェードを制作した。

 こうした取り組みは同社が行うActive Local Engineの一環で、今回以外にも11月12日までに福島県内の12店舗で実施している。

 制作したランプシェードは11月17日から来年2月14日まで郡山駅西口で開催される同イベントで使用され、郡山の街を明るく照らす。

  • image
  • image
  • image

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2018年1月17日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年1月号
    • 巻頭グラビア&インタビュー
      未来に向けて発信されるエンタテインメント空間
    • 巻頭特集
      問われるパチンコホールの真の価値
    • 特集
      地域と歩む 〜地域に寄り添い、愛される企業へ〜