ニュースバックナンバーへ

ボーナスとARTのループが抜群の瞬発力を生む2017年9月19日(火)

『SLOTデビルマンχ』

 ユニバーサルエンターテインメントはこのほど、エレコ社製パチスロ新機種『SLOTデビルマンχ』を発表した。

 同機は永井豪氏原作の「デビルマン」とのタイアップ機で、同社「デビルマン」シリーズの第4弾となっている。
 
 タイプはA+ARTタイプでボーナス合成確率が1/299.3~1/265.3、ART初当たり確率は1/566.2~1/387.3。通常時はボーナスからART当選を目指す仕様。

 ボーナスは、ART突入期待度50%以上の「デビルボーナス」(獲得枚数210枚)と、当選した時点でARTが確定し、さらに平均5セットの上乗せが期待できる「アモンボーナス」(同210枚)の2種類を搭載している。「デビルボーナス」中は「赤7を狙え」カットイン発生でART当選となる。また、通常時、ART中問わずボーナス消化後には必ず「アーマゲドンチャンス」が発生、ルーレット演出成功でARTに突入する。「アモンボーナス」中は演出発生で「赤7揃い」チャンス。赤7が揃うたびにARTをストックしていく。また、同ボーナス中はベルでもストック抽選を行っているため毎ゲームがストックのチャンスとなっている。

 ART「アーマゲドン」は1セット50G、純増約1.4枚/Gのセット数管理型。ART中はレア役成立時にセット数のストック抽選。レア役後の一部でストックの当否をかけた「デーモンバトル」に移行、デビルマンが勝てばボーナスかセットストックとなる。また、ART中のボーナス当選時は当該セットのARTを再セット。さらに50%以上でARTをストックできる。
そのほかにも、「弱チェリー」や「スイカ」以外のレア役でセットストック濃厚の「悪魔覚醒」や次回ボーナスまで継続する無限ART「妖鳥襲来」なども搭載している。

 ボーナスとARTのループで出玉を増やす王道のA+ART機として登場した同機は、9月3日より納品が開始されている。

(c)2017 永井豪/ダイナミック企画
(c)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年12月18日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年12月号
    • 巻頭特集
      いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
    • 特集
      実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
    • 特集
      “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状