ニュースバックナンバーへ

推進機構、第3四半期の立入検査は1,121店舗2017年1月19日(木)

 遊技産業健全化推進機構は1月18日、平成28年度第3四半期(平成28年4月1日〜同年12月31日)までの立入検査実績を発表した。

 期間中の立入検査は、51都道府県方面の1,121店舗(うち計数機検査132店舗)で行われ、検査台数はパチンコ7,142台、パチスロ7,805台、計数機132台(玉102、メダル30)。検査店舗数は前年同期比約89%となった。

 なお、この調査結果には遊技機性能調査の結果は含まれていない。

 平成28年度の月別立入調査店舗数(計数機検査含む)は以下の通り。
4月/94店舗
5月/66店舗
6月/204店舗
7月/163店舗
8月/102店舗
9月/125店舗
10月/143店舗
11月/129店舗
12月/95店舗


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年4月23日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年5月号
    • 巻頭特集
      風雲急を告げる規則改正
    • 風営白書2017
      「平成28年における風俗環境の現状と 風俗関係事犯の取締り状況等について」より
    • 図説報告書
      パチンコ・パチスロ参加人口調査2017年版