ニュースバックナンバーへ

景品買取所の男性店員を刺した男を現行犯逮捕2017年1月12日(木)

 1月12日午前1時ごろ、東京都北区の景品買取所に刃物を持った男が押し入り、男性店員(50)ともみ合っていたところを警察官が現行犯逮捕した。1月12日付産経新聞などが報じた。

 報道によると、営業時間外の景品買取所でシャッターを半分下した状態の室内に果物ナイフを持った男が押し入り、男性店員に刃物を突きつけ「金を出せ」などと脅迫。男性店員の右腕を数回刺し現金を奪おうとした。男性店員はもみ合いの最中に室内の警報装置を押し、駆けつけた警察官が男を取り押さえた。その後、男性店員は病院に搬送されたが命に別条はないという。

 警視庁王子署は、強盗傷害容疑で住所不定、無職の男(30)を現行犯逮捕。男は逮捕直後は「見ての通りだ」などと答えていたが、その後の調べに対しては黙秘しているという。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年3月24日(金)のイベント

  • AnimeJapan 2017(2日目)/東京ビッグサイト

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年4月号
  • 巻頭特集
    増え続けるインバウンド 外国人ユーザー獲得へ
  • 特集
    迫られる依存問題対策
  • ぱちんこ新時代への羅針盤
    牧野 哲也 日本遊技史研究協会 主任研究員