バトルV-STを採用し、SG RUSHが進化

投稿日:

『パチスロ モンキーターンIII』

 山佐はパチスロ新機種『パチスロ モンキーターンIII』を発表した。

 ボートレースを舞台にした人気漫画をモチーフとしたシリーズの第3弾。全2作に続き今回もART「SG RUSH」をメインとしたゲーム性だが、そのシステムは大きく変化。

 今作は「バトルV-ST」と銘打ち、ART消化中の「V揃い」がゲームのカギを握る。「SG RUSH」は20ゲーム+αの「フライングST」と、1セット30ゲームの「ST」との2部構成となっており、この間にV揃いを達成すれば「バトルトライアル」に突入する。

「バトルトライアル」は主人公・波多野憲二とライバル8人との勝ち抜きバトルとなっており、ライバルに勝利するごとに賞金(GPX)を獲得し次のレースに発展。8人全員を勝ち抜くか、累計1000万GPXを獲得すれば、さらに上位ARTの「SGレース」への出走が確定。バトルトライアルで敗退した場合は、「フライングST」のゲーム数が残っていれば当該ゲーム数を消化、「ST」中だった場合は残りゲーム数をリセットし再度「ST」に挑む。

「SGレース」は「SG優出モード」からスタート。ゲーム数消化後に「SGレース」に発展し、レースを制覇すれば「フライングST」のゲーム数を上乗せし、次の「SGレース」に進み、全8戦の「SGレース」を全て制覇すればグランドスラムとなる。

 ボーナス非搭載のART特化タイプで純増は1ゲームあたり約2.0枚。通常時は毎ゲームに連動して日付マスが変動、日付により期待度が変化する「艇刻システム」を採用し、チャンスゾーンとしてシリーズおなじみの「超抜チャレンジ」とレース型STタイプの「バトルオブスプラッシュ」を搭載。「フライングST」のゲーム数や「バトルトライアル」勝利ストック等を上乗せする4種類の上乗せ特化ゾーンも搭載している。

 納品は2月下旬より開始予定。

(C)河合克敏・小学館/モンキーターンプロジェクト (C)YAMASA

-新台

© 2021 グリーンべると