ニュースバックナンバーへ

児童虐待防止願い「オレンジリボン運動」に参加2016年11月22日(火)

「鎮魂の行進」に参加する全商協のメンバー。

全国遊技機商業協同組合連合会は、児童虐待を防止する「オレンジリボン運動」に賛同し、11月13日、NPO法人児童虐待防止全国ネットワークが主催する「第14回子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会」に参加。集会終了後には中村昌勇会長を筆頭にメンバー58名が、当日集会に参加した約400名とともに都内の約3キロを行進し、沿道の人たちに児童の虐待防止を呼びかけた。

 オレンジリボンは児童虐待防止のシンボルで、2004年に栃木県小山市で、幼い兄弟が虐待の末に亡くなった事件を受け、市民団体が意識啓発のために考案、NPO法人児童虐待防止全国ネットワークが中心となって児童虐待防止に向けた運動が推進されている。東遊商が5年程前から同運動に参加してきたが、児童虐待が依然深刻化していることから、全商協全体で運動を支援していこうとの趣旨で今回の参加となった。

当日の集会では主催者を代表して同ネットワーク理事長の吉田恒雄氏が「『児童虐待のない社会』は社会全体で取り組むべき課題であり、皆様と共にその実現を目指していきたい」などと挨拶。また、法政大学現代福祉学部教授の湯浅誠氏が「子どもの虐待の背景を探る~深刻化する貧困の現状と子どもの育ち~」と題して講演、「虐待の背景には貧困があり、子どもたちの6人に1人が貧困の中にある。貧困とは貧乏プラス孤立であり、これに対し周囲ができることを考えて欲しい。みんなが側にいるだけで子どもたちの救いとなる」などと訴えた。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年2月26日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年3月号
    • 巻頭特集
      撤去後に差し込んだ一条の光 主役ミドルに広がった多様性
    • ぱちんこ新時代への羅針盤
      藤田宏 株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所 代表取締役社長
    • Report
      テコ入れサイン出る甘デジ市場 『フィーバークィーンII』が下支え