ニュースバックナンバーへ

ピーアークの地域循環バス、食用油で運行開始2016年11月8日(火)

食用油での運行を開始した地域コミュニティバス「ピーくんバス」。

 東京・足立区の《ピーアーク ピーくんガーデン》を中心に循環する地域コミュニティバス「ピーくんバス」が10月17日から、天ぷら油などの食用油を精製した燃料を使って運行している。

 「ピーくんバス」は、地域社会の発展や貢献を目的にピーアークホールディングス(庄司正英代表取締役会長)が2014年8月から運行している。今回、バスの燃料に再利用燃料BDFを採用することで、地球環境との調和を目指す。

 BDFは、天ぷら油などの使用済みの食用油から作られるディーゼルエンジン用燃料で、石油などの化石燃料と比べてCO2や硫黄酸化物等の排出が削減されるという。

 同社によると、BDF100%で運行するバスは全国的にも珍しく、「今回のトライアルは資源循環型新燃料の普及にも貢献する」している。

 同バスの運行ルートは、「JR亀有駅〜《ピーアーク ピーくんガーデン》〜東京メトロ綾瀬駅」の間。

 同店では、使用済み食用油の回収も始めている。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年12月13日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年12月号
    • 巻頭特集
      いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
    • 特集
      実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
    • 特集
      “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状