ニュースバックナンバーへ

回胴遊商、今年もサンゴの保全活動2016年11月1日(火)

サンゴの植え付けを体験する園児たち。

 回胴式遊技機商業協同組合九州・沖縄支部は10月21日、NPO法人コーラル沖縄協力のもと、沖縄県宜野湾市の宜野湾マリン支援センターでサンゴの保全活動を実施した。同支部では平成20年より同活動を継続しており、本年で9回目の開催となる。

 当日は県内4つの保育園から園児66名を招待。沖縄のサンゴの現状などを映像を通じて学ぶとともに、植え付けによるサンゴ礁再生プロセス等の講習を受けた。講習終了後には園児と支部組合員ら69名の合わせて135名が、実際にサンゴの植え付けを体験した。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年2月26日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年3月号
    • 巻頭特集
      撤去後に差し込んだ一条の光 主役ミドルに広がった多様性
    • ぱちんこ新時代への羅針盤
      藤田宏 株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所 代表取締役社長
    • Report
      テコ入れサイン出る甘デジ市場 『フィーバークィーンII』が下支え