ニュースバックナンバーへ

打開策に高分岐への転換を提示〜埼遊協2016年6月6日(月)

 6月3日にさいたま市内のホテルで開かれた埼玉県遊技業協同組合の通常総会で、検定機と性能が異なる可能性のある遊技機の回収・撤去問題について山田理事長は、「おそらく12月中の撤去という期限が切られるのではないか」と言及した。

 また代替機として台あたり20万円以下のリユース機が多数用意される見通しにあると述べたが、「営業面でリユース機に期待することはできない」と悲観的な見方を示した。

 しかし打開策はあるとして「高分岐営業への転換」を強調。「組合員を対象に行ったアンケート調査でも実施すべきという回答が多かった。今日、明日という話ではないが、高分岐営業に転換を図っていく時期は近づいている」と訴えた。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年8月24日(木)のイベント

  • 日工組社会安全研究財団「パチンコ・パチスロ遊技障害全国調査 調査報告会」
    10:00~/グランドアーク半蔵門

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年9月号
  • 巻頭特集
    この産業が未来を 拓くために
  • 特集
    集客力は健在!
  • GB-insight
    見えてこない5.9号機