拾ったICカードを現金化、男性警部補書類送検

投稿日:

 兵庫県警は2月8日、兵庫県伊丹市内のパチンコ店で落ちていた他人のICカードで現金を引き出したなどとして、神戸北署の男性警部補(56)を窃盗と詐欺、遺失物横領の容疑で書類送検し、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にしたと各メディアが報じた。

 捜査関係者によると、昨年12月下旬、女性客が落としたICカードを拾い、届けずに現金数千円を引き出し、5万円以上の賞品と交換した疑い。警部補は調べに対して「出来心だった」と供述しており、容疑を認めているという。警部補は同日付で依願退職している。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると