【コラム】これが王道の大進化!『P大海物語5』の販促ポイント

投稿日:

©SANYO BUSSAN CO.,LTD.

BIGスケールで堂々完成!『P大海物語5』を有効活用するにはどうしたら良いのか?ポイントは「包括的シリーズ活用」にあります(文=梶川弘徳/CFY代表取締役)。

同機はオール10R、確変割合60%、通常大当たり後は100回転の時短付き、更にBIG3000ボーナス搭載という「出玉の大海」らしい出玉感が期待できるスペックとなっています。

また、ヘソ賞球3個のため下限B値は高め、8個保留によって時間アウトの効率重視という仕様のため、「低投資で長時間遊技」を提案する機種だとうかがえます。

また販売台数は海物語シリーズとしては少なめの3万台で、十分な導入店舗数には至らないと予測出来ます。前述の通り「出玉性能が大進化」「長時間遊技向き」「販売台数は少なめ」という要素から、同機の稼働は高水準で推移するでしょう。

このような稼働状況が予想できる同機を有効活用するにはどうしたら良いのか? 今回は、『包括的シリーズ活用』という観点からの販促方法を考えてみたいと思います。

現在、ホール設置中の海物語シリーズには『大海4』や『沖海5』などタイトルが数種類あります。今回、人気要素を多く抱えて登場してくる『P大海物語5』の導入目的としては、如何に他の海物語シリーズへの波及効果を及ぼすかという観点から、「包括的活用」にてシリーズ全体の稼働アップを実現したいところであります。

同機のリリースにあたっては、メーカーによるテレビCMの稼働支援策も予定されていますので、その点も「包括的シリーズ活用」に取り入れることができる施策となるでしょう。

・販促ポイント

①『海物語ムーブメント』を仕掛ける販促事例
包括的シリーズ活用にてシリーズ全体へと波及効果を及ぼすためには、まず基軸となる圧倒的な魅力を有する商品が必要となります。同機はスペック、筐体、ボーナス、新キャラクターにおいて、大進化を遂げて圧倒的な魅力を有していると言えます。

中でも「2R確変無し 出玉ALL1500個」と「スケールアップした筐体」は同機の大きな魅力となります。その要素をシンプルにデザインした販促物を設置し、同機によって「海物語ムーブメント」を仕掛けてみては如何でしょうか。

販促事例①『海物語ムーブメント』の基軸となる同機の魅力を大きくアピール。

②「包括的シリーズ活用」を実現する販促事例
同機の導入時には、海物語シリーズ全体の包括的な販促物を設置することをお勧め致します。どの海物語シリーズでも活用できるようにお馴染みのキャラクターを背景に配置。そして「ENJOY海物語シリーズ」などのメッセージでシリーズ全体への期待感を醸成。長期的な稼働貢献機種として位置づけ、統一デザインでフラッグや札、椅子カバーなどを制作し、島内を装飾してみては如何でしょうか。

 

販促事例②シリーズ全体への期待感を醸成。

◆プロフィール
梶川弘徳(かじかわ ひろのり)
株式会社CFY代表取締役
パチンコホール企業で営業部長として営業戦略や組織マネジメントの責任者として活躍し、2009年33歳で㈱CFYを設立して現在に至る。座右の銘は会社名の由来でもある「Crazy For You(あなたのために)」
●株式会社シー・エフ・ワイ
URL:https://amuse.cfy.jp/
Mail:info@cfy.jp

-コラム
-,

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5