「花慶の日2022」、東京会場でグランドファイナル

投稿日:

12月11日に東京・秋葉原のベルサール秋葉原で開催された「花慶の日2022in東京」。

ニューギングループは12月11日、花の慶次ファンに向けた恒例イベント「花慶の日2022in東京」をベルサール秋葉原で開催した。

パチンコ・パチスロ「花の慶次」シリーズ15周年となる今年は「東奔西走 人繋ぎ」をテーマに、3年ぶりにリアル会場で実施。6月の米沢会場を皮切りに、9月の大阪会場、8月のオンライン、11月の熊本会場に続き、東京会場でグランドファイナルを迎えた。大阪会場は台風の影響でオンラインに切り替えての実施となったが、その他の会場には全国から大勢のファンが集い、人と人が触れ合えるリアルイベントを楽しんだ。

13時30分に開演したイベントには、角田信朗さんや大西洋平さん、藤沢としやさん、信岡愛さん、鈴木このみさん、増田有華さん、今村一誌洋さん、行成とあさん、青山りょうさん、林家キリんさん、立川かしめさんなど、お馴染みの花慶ファミリーの面々が出演し、シリーズ挿入歌のライブや花慶落語などを披露した。

また、ゲストとしてパチンコライターのいそまるさん、フェアリンさん、森本レオ子さん、しおねえさんが出演し、新台「P真・花の慶次3黄金一閃」の出玉対決で会場を盛り上げたほか、パチンコ店のマスコットキャラクターたちも集合した。

会場内にはその他、歴代シリーズ機の試打&展示コーナーやグッズ物販コーナーなども設置。ニューギングループが東北復興支援の一環として宮城県の農業法人と製造したコラボーレション商品を配布するなどした。

愛知県から早朝に新幹線で来場したという女性(60代)は、「大阪会場に行く予定だったが、台風で行けずに、東京会場に来た。花の慶次の曲は全部好き。このイベントのおかげで全国に知り合いもできた。みんなと最後まで楽しみたい」と話していた。

原作もパチンコのシリーズ機も好きという都内・板橋区から知人と訪れた男性(30代)は、「ライブを楽しみにきた。久しぶりにリアルで角田さんのライブを聞いたが迫力があった」と花慶ライブを満喫していた。

往年の「花の慶次」シリーズの試打コーナー。

会場の外にも人だかりができるなど、休日の秋葉原で関心を集めた。

-業界ニュース
-, ,

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5