ダイナム中間決算、純利益が65.4%減に 今後はスマート遊技機などへの積極投資で業績回復を図る

投稿日:

ダイナムジャパンホールディングスは11月25日、2023年3月期の中間連結決算を公表した。

営業収入は561億9,500万円(前年同期比10.4%増)、営業利益は38億8,100万円(同42.2%減)、中間利益は11億8,300万円(同65.4%減)となり、増収減益で推移した。

コロナの再拡大や物価高騰など先行き不透明な状況が続くなか、パチンコ業界はパチンコ機の人気機種の台頭、規制緩和に対応したパチスロ機の普及が進み、同社業績における増収の要因となった。

一方、遊技機の減価償却負担の上昇、電気代の高騰など営業経費も大きく増加。同社では店舗の人的生産性の向上、清掃業務の内製化、広告宣伝費の使用抑制など経費削減策に努めたものの減益となった。

今後は感染防止対策に万全を期した営業に努めるとともに、スマート遊技機など設備投資を積極的に行うことで、収益力の回復を図っていくという。

-業界ニュース
-,

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5