パチンコ・パチスロ業界ニュースサイト

グリーンべると

《D’STATION》運営のNEXUS、2022年6月期は増収減益 機械代の負担増が利益減に影響

投稿日:

パチンコホール《D’STATION》の運営等を手掛けるNEXUS㈱はこのほど、2022年6月期の決算を発表した。

売上高は2,545億円(前年対比120.5%)、営業利益は42億円(同98.5%)。コロナ禍の影響が減り経済活動が活発化したことで売上高が増えた一方、パチンコ・パチスロ機の入替費用が増加し、営業利益が減少した。また期中においては、《Super D’STATION海老名店》を2022年2月に閉店した一方、同年3月に《Super D’STATION新開地店》を新規開店している。

2023年6月期では、2022年7月に《Super D'STATION 飯塚店》《D'STATION 中間店》、同年8月に《Super D'STATION 日向店》を新規開店。同月に《D'STATION前橋南店》を閉店した。同社では今後、さらに数店舗の新規出店を予定しており、新規出店と既存店閉鎖を行いつつコスト見直しと削減を続け、増収増益を目指すという。

業績予測は売上高2,800億円、営業利益60億円を見込んだ。

-業界ニュース
-