パチンコ『P真・牙狼2』、初回3,000個比率50%など大当たり性能がアップ!

投稿日:

サンセイアールアンドディは8月16日、パチンコ新台『P真・牙狼2』を発表。ホールへの導入開始は10月3日を予定している。

RUSH「黄金ST」は1セット時短70回(+残保留4個)のSTタイプ。初当たり時の3,000個比率が全体の50%で、RUSH中の大当たりは全て3,000個or 1,500個となっている。

RUSH中の演出は2段階構成。前半の15回転が即当たりゾーン「限界即破逆エンブレム」、後半の54回転は多彩な演出が楽しめる「轟天ZONE」となっている。

またRUSH最終変動(+残保留4個)は衝撃のラストチャンス「マカパト」を搭載。「マカパト」での大当たり時は、その後のRUSHが、STタイプからループタイプに変化し、初代バトルが楽しめる「魔戒CHANCE」に突入する。

「魔戒CHANCE」はラウンドバトルに勝利する限り、RUSHが継続。敗北時は再び「マカパト」に移行する仕組みだ。RUSHトータルの継続率は約81%となっている。

通常時の演出は2Dリーチを削除。「魔獣HORRUSH3000」や「轟天SPリーチ」などを新演出として追加し、主要演出、リーチフローを一新している。

主なスペックは以下の通り。
▶大当たり確率 1/319.68(右打ち時1/46.81)
▶RUSH突入率 60.2%
▶RUSH継続率 約81%
▶時短回数 70回or 1,214回
▶ヘソ賞球数 1個
[大当たり振り分け]
・通常時
3,000個+黄金ST:50.0%、300個+黄金ST:10.2%、300個通常:39.8%
・黄金ST中
3,000個+黄金ST:4.7%、1,500個+黄金ST:95.3%
・マカパト及び魔戒CHANCE中
1,500個+魔戒CHANCE:78.9%、1,500個+マカパト:21.1%

-新台
-,