玉屋の「クリーンエネルギー推進を目的とした設備設置」事業に社会貢献大賞

投稿日:

第17回社会貢献大賞を受賞した玉屋の山口智也専務取締役(中央)。

一般社団法人パチンコ・パチスロ社会貢献機構は7月21日、都内で第17回社会貢献大賞表彰式と2022年度助成金贈呈式を開催した。

社会貢献大賞には、福岡県の株式会社玉屋の「クリーンエネルギー推進を目的とした設備設置(レンタルサイクル・電気自動車用充電器)」事業が選ばれ、助成金贈呈式では24件の事業に対し、総額3,570万円を助成した。

大賞を受賞した玉屋の「クリーンエネルギー推進を目的とした設備設置」事業は、福岡市が進めるエネルギー政策に共感し、地球温暖化対策、CO2削減に向けた取り組みとして、都市部店舗を中心に、店舗の駐輪場にレンタルサイクル用のポートを17台分(2店舗)、電動キックボード用のポートを4台分、本店立体駐車場に電動自動車用充電器3台分を設置したもの。地球温暖化対策が国を挙げた課題とされるなか、全国で展開できる活動であることが評価された。

玉屋の山口智也専務取締役は、「我々は地方都市・福岡の小さい企業。社会貢献はできないが、ただ地域貢献だけはやっていこう、地域の方々に玉屋があってよかったと言っていただけるように、地域での存在価値を生み出していこうという想いでこれまで活動を続けてきた。今回も福岡市が推進しているクリーンエネルギー政策に共感し、レンタルサイクル、電動キックボードの各ポートの設置、電気自動車の充電設備の設置を行った。今後も小さい活動から徐々に大きく活動を広げ、社会に貢献していける企業に成長できるよう努めていきたい」と挨拶した。

その他、都府県方面部門の最優秀賞には茨城県遊技業協同組合「新型コロナウイルス感染症に伴う職域ワクチン接種」事業、支部組合部門の最優秀賞には、岐阜県・岐阜支部「市立高校に対するオンライン授業設備整備(プロジェクター・スクリーンの寄贈)」事業、組合員ホール部門の最優秀賞には東京都の株式会社ダイナム「学校サポート~光触媒スプレーの寄贈と施工~」事業が選ばれた。

助成金贈呈では、一般助成21件(うち共同助成7件)、特別助成2件、特命助成1件の計24件に総額3,570万円を助成した。

-業界ニュース, 社会貢献
-,

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5