パチスロ機が美少女に擬人化した漫画「ハナビちゃんは遅れがち」が7月にアニメ化

投稿日:


ユニバーサルエンターテインメント原案によるパチスロを擬人化した漫画「ハナビちゃんは遅れがち」のアニメが7月にスタートすることが決定した。さらに、すでに発表されている和氣あず未さん(有明ハナビ花)、上坂すみれさん(高輪バーサス戦)、M・A・Oさん(日本橋サンダー雷)の3名に加え、東山奈央さん、大空直美さん、南條愛乃さん、今井文也さん、増田俊樹さんら豪華声優陣の参加と、プロジェクトのキービジュアルが解禁となった。

原作漫画「ハナビちゃんは遅れがち」(白金らんぷ原作、まみむ作画)は、WEBマンガサイト「コミプレ」で連載中の擬人化したパチスロ娘(スロ娘:すろむす)たちによるザンネン系お仕事コメディ。名機『ハナビ』『バーサス』『サンダーV』たちがパチンコホール「下町ゴッドヘブン」で働く姿が描かれている。アニメーション制作はガイナ、監督は金澤洪充氏、キャラクターデザインに袖山麻美氏、音楽制作はArte Refactが担当する。

今回、パチスロ機『ハナビ』が変身した女の子「有明ハナビ花」を演じる声優の和氣あず未さんは、「一見とっても可愛い女の子に見えるハナビちゃんですが、実はパチスロ機...。最初はどういう事!?と思ってしまいました(笑) 。でも人間の姿の時は、普通の女の子と全く変わらない感性を持っているし、なんとなく生き方が自分と似ているなぁと思いました! 怠け者でお調子者ですが表情がコロッコロ変わる子なので、演じるのがとても楽しみです」と意気込みを語っている。

Ⓒ白金らんぷ まみむ / HERO's ⒸUNIVERSAL ENTERTAINMENT/下町ゴッドヘブンOB会

-業界ニュース
-

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5