ダイナムが震災対応型コミットメントラインの契約期間を延長

投稿日:

ダイナムは、主力銀行と2022年1月31日付で震災対応型コミットメントライン(融資枠:150億円)の契約期限を2025年3月31日まで延長することに合意したと発表した。

これにより、平時、震災時に関わらず、あらかじめ定められた条件で迅速な資金調達が可能になる。

コミットメントラインとは、企業と金融機関があらかじめ設定した期間・融資枠の範囲内で、企業が随時借り入れを可能とする契約を指す。

一般的なコミットメントラインでは、震災等の大規模災害時には金融機関の貸出義務が免責されているため、企業にとっては大規模災害発生直後の資金確保に困難が生じる可能性があるという。

一方、震災対応型コミットメントラインは、震災による金融機関の免責事項を外した契約となっているため、震災等の大規模災害発生時であっても、融資枠の範囲内であれば迅速な資金調達が可能となる。

同社では、「大規模災害など事業の継続を脅かす重大なリスクが発生した場合においても、事業を円滑に継続するためにBCP体制の確立に積極的に取り組んでいる」としている。

[震災対応型コミットメントラインの概要]
借入極度額:150億円
契約期間:2025年3月31日
金融機関:株式会社みずほ銀行、株式会社三井住友銀行
特長:震災発生時も平時と同様に、あらかじめ定められた条件で借入可能

-業界ニュース
-,

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5