【1/24新台】パチンコ『Pとある科学の超電磁砲』、唯一無二のスペックが見どころ!

投稿日:

パチンコ新台『Pとある科学の超電磁砲(レールガン)』(藤商事)のホール導入が1月24日から始まった。2020年11月に登場して以来、今なお根強い人気を誇る『Pとある魔術の禁書目録(インデックス)』に次ぐ、とあるシリーズ第2弾機種として高い注目を集める同機。唯一無二のスペック「HYBRID MIDDLE(ハイブリッドミドル)」を引っ提げて登場だ。

最大の魅力は、「約2,000個OVER率約50%×継続率約80%」。つまり、右打ち大当たり時の50%が約2,000個以上の出玉を獲得でき、かつ、その状態が約80%でループするという、超高性能RUSHを実現した点だ。

通常時は大当たりからRUSHを目指す。初当たりが「超御坂美琴BONUS」だった場合は「RUSH EXTRA(電サポ100回 or 3,000回」に直行。「御坂美琴BONUS」だった場合は「超電磁砲RUSH CHALLENGE(電サポ100回)」に突入する。「超電磁砲RUSH CHALLENGE」中に大当たりすれば、「RUSH EXTRA」へ突入する流れとなっている。

「RUSH EXTRA」は電サポ中に1/68.2(実質大当たり確率)を引くことが出来れば大当たり。大当たり消化は3回1セットで、先述の通り約50%が、合算出玉約2,000個以上を獲得できる振り分けとなっている。

演出面では、予告とリーチが前作に比べて20%増量した。ファンの声を活かし、各キャラクター演出もふんだんに盛り込まれている。また、シリーズ楽曲も全13搭載するなど、原作ファン垂涎の1台に仕上がっている。

主なスペックは以下の通り。
▶大当たり確率:1/239.2(RUSH EXTRA時1/68.2)
▶RUSH EXTRA突入率:約50%(RUSH直行込み)
▶RUSH EXTRA継続率:約80%(次回大当たり濃厚込み)
▶RUSH EXTRA回数:100回 or 3,000回(特図2当たりの内、約10%が電サポ3,000回)
▶賞球数:3&1&5&15
▶ラウンド:4R or 8R or 10R
▶振り分け
<特図1(※1)>
8R(約410個+RUSH EXTRA直行):約7%
8R(約410個+超電磁砲RUSH CHALLENGE):約93%

<特図2(※2)>
約650個(4R×3):約50%
約2,000個(4R×2、10R×1):約39%
約3,350個(4R×1、10R×2):約10%
約4,700個(10R×3):約1%

※1:特図1は実射値、その他入賞口の払出含む
※2:特図2は実射値、その他入賞口の払出含む、3回分の大当たり合算出玉

-新台
-,

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5