ホール業務の「最後の重労働」に終止符を打つ!
~パチンコホール専用遊技機搬送機『ハコビー』byキーマンズ

投稿日:

ついに、ホールスタッフの重労働に終止符を打つ時がきたーー。
㈱キーマンズ(平松相大CEO)がリリースしたパチンコホール専用遊技機搬送機『ハコビー』シリーズは、力いらずの入替作業を実現。スタッフの定着、コスト削減など、ホール営業の課題を大きく改善する。

入替作業の救世主

すべてのホールが直面する喫緊の課題が、「コスト削減」と「人材不足の改善」だ。とりわけホールにおける人員確保は難しくなっている。飲食業など、これまで避けられた業種への人材の流入が再開したからだ。

スタッフの確保や定着には、何よりも労働環境の改善が必須となる。そして、改善するための最短のアプローチは、危険や厳しさが伴う重労働の排除だ。ホール業務にとって最大、かつ最後の重労働と言われる「遊技機の入替作業」。その軽減化なくして、労働環境の改善はないといっても過言ではない。

遊技機の積み下ろしから運搬、設置まで、一連の入替作業を強力にサポートする『ハコビー』はブルー、レッド(特許出願中)、ブラックの3タイプをラインナップ(特長は画像参照)。いずれもスタッフの体に負担の無い入替作業を実現する、全く新しいアイテムだ。

全15店舗導入を即決

四国を中心に全国で15店舗のパチンコホールを展開する㈱グランド商事・アドバンス(平山剛代表取締役)は、業界で初めて『ハコビー』を全店に導入した。

同社が運営する《G-ONE吉祥寺》(東京都武蔵野市)の上原渉店長は「納品された新台を手で運ぶのはとても重く、また営業中の作業となるため接客業務へも支障をきたします。腰痛などスタッフの健康被害も常に心配でした」とこれまでの問題点を話す。

『ハコビー』は、力を使わずとも入替作業が行える点が大きな特長だ。製品に遊技機を載せて運搬し、油圧式のレバーで遊技機の上げ下ろしを行い、極力人力に頼らずに作業を完了することができる。

また力を使わずに作業ができるぶん、作業自体を丁寧に進めることができることから、遊技機の破損やスタッフのケガ等のリスクも軽減した。

女性なども今後は入替作業に従事できる点が大きいです。例えば遊技機の運搬は初心者の女性スタッフ、設置は経験豊富な男性スタッフという風に、作業の効率化も期待できます」(上原店長)。

2020年5月の新規出店以降、吉祥寺駅周辺の遊技客から
根強い支持を得る《G-ONE吉祥寺》。

さらに、入替作業の内製化が進むことで、コスト削減にも繋がる。スタッフのみによる入替作業の質や量を高めることで、業者への委託の割合を減らす、あるいは無くすことも可能だ。

『ハコビー』の活用で、ホール業務=力仕事というイメージからの脱却に、挑戦してみてはいかがだろうか。

株式会社グランド商事・アドバンス 課長
G-ONE吉祥寺 店長

上原 渉 氏

メリットはスタッフのモチベーション向上!
スタッフにとって入替作業は、体力的にはもちろん、「もし壊したら…」というプレッシャーもあり、精神的にもキツい業務でした。これまで限られたスタッフにしか入替作業は任せられませんでしたが、今後は女性も含めより多くのスタッフの活用を考えています。

経営陣が、スタッフの労力軽減を考え『ハコビー』を導入してくれたことで、経営陣のスタッフを大事にするという想いが伝わりました。労力が軽減し、注力すべき業務に集中できるため、スタッフのモチベーションも、間違いなく向上するでしょう。

◆問い合わせ先
株式会社キーマンズ
Tel.025-288-2020
https://hiramex.jp/

【ハコビー プロモーション動画】

-業界ニュース
-, ,